眉マスカラで垢抜ける!初心者必見の使い方

先日、映画「ウェストサイドストーリー」のヒロインが垢抜けないのは”眉”が原因というブログ記事を書きました。

眉の書き方・整え方で変わる!自分の見せ方

眉の描き方ひとつで大きく顔の印象がかわるのですが、眉で顔全体を整えたい時に使いたいもう一つのアイテムが眉マスカラです。

今回は眉マスカラを使うとメイクがどんなふうになるのか?顔の印象がどのように変わるのか?正しい使い方やおすすめアイテムを紹介します。

眉マスカラは”垢抜けた”印象になれるアイテム

眉マスカラは、眉と整えて洗練されたアイブロウメイクに欠かせないアイテムです。眉マスカラを使うことで、一気に垢抜けた印象をつくることができます。

眉マスカラは、「眉に色をつける」だけが使う目的だと思っていませんか?眉マスカラには、カラーを変えるほかにも毛流れ を整えたり、ツヤを出したり、眉の存在を円やかにしてくれる効果があるアイテムなのです。

上手な使い方をすると、メイクの仕上がりがワンランクアップして、垢抜けた印象になれる秀逸アイテムが眉マスカラなのです。

眉マスカラの効果~使うと垢抜けた眉になれる理由とは?~

眉マスカラを使うとなぜ垢抜けた印象になるのでしょうか?それは当然ながら「いいカンジ」の整った眉に仕上がるから。

この「いいカンジ」という点がポイントです。ちゃんと描いているんだけど、作りこみ過ぎていない、顔パーツの一部として、自然なメイクに仕上がるからなのです。

眉マスカラひとつで「いいカンジ」の眉にランクアップできるのは、眉マスカラがやってくれるいくつもの仕事=役割のおかげなのです。

眉マスカラの効果①眉の色を変える

向かって左が眉マスカラでカラーした眉

眉マスカラの一番の効果は、眉の色を変えられること。

色を変えるといってもカラーリングというほどの変化ではなくて、色をのせて黒をマイルドにしたり、オレンジやピンクなどの色味を加えて華やかにしたりします。これによって髪のカラーとのバランスを取り、肌のカラーやアイメイクと馴染みやすい眉になります。

とくに男性などに多いですが、髪のカラーが明るめの人で眉だけが黒いままだと「なんかヘン」「田舎のヤンキーみたい」といった印象を与えてしまいます。

眉も髪のようにカラーリングしたり脱色したりが手軽にできるといいのですが、メイクに合わせて眉カラーもいろいろ変えることを考えると、眉マスカラのほうが使い勝手がよさそうです。

眉カラーを美容院でする方法もあります→ 脱!垢抜けない見た目 ~眉をカラーリングする方法~

眉マスカラの効果②毛流れを整える

今回、一番お伝えしたい眉マスカラの効果が「毛流れを整える」という点です。

眉って、髪の毛とちがっていろんな方向へ向かって生えています。毛が多い人だと毛先がボサボサになる場合も。描きたいと思っている眉のガイドラインからはみ出る部分が多いと、ついついハサミで切ってしまいますが、安易に眉を挟みでカットするのはNG。ぶつ切りになってしまい、自然な眉ではなくて、作った眉の感じが出てしまいます。

眉マスカラには眉の生えている方向を揃え、自然な形にホールドしてくれる効果があります。マスカラに”のり”のような毛をコーティングして柔らかく固める成分が入っているからです。

とくに眉尻の下方向へ下がっている眉毛を持ち上げて、綺麗に流すのにはとても効果的。眉尻が整っていないと生活感が出てだらしない印象を与えてしまうからです。

眉マスカラの効果③ツヤを出す

眉マスカラを使うと眉にツヤが出て、若々しさがプラスされます。

髪の毛や肌と同じで、ツヤがあると健康的でイキイキとして見えますよね。それが”若々しさ”を出してくれます。

アイブロウメイクは、パウダーがどうしても眉に付着して粉っぽくなってしまいます。パサパサしていると、「おじいちゃんの眉」みたいにちょっと汚いイメージを与えてしまうことも…

眉にツヤを出すのに、眉マスカラはおすすめです。

眉マスカラの使い方のポイント

「眉マスカラをうまく使えない!!」という人は、”塗りすぎ”が原因かもしれません。

眉毛にたっぷりつけるのではなく、毛の真ん中くらいから毛先につけるくらいの量で充分。まつ毛のマスカラをつけるような1本1本にしっかりつけるのではなく、毛流れを整える感じで軽ーくなでるような感じでつけるだけでOKです。

しっかり根元までつけようとすると、地肌についてしまいます。

垢抜け眉を作れるおすすめ眉マスカラ

初心者でもうまく眉マスカラを使うには、どんな眉マスカラを使うかがポイント。

次の点がチェックポイントです。

  • ブラシが大きすぎない、小ぶりなブラシ
  • ステムが長すぎず、短すぎないもの
  • 肌色や髪色に合う色味(アッシュ系?赤み?オレンジ系?)

ブラシが大きすぎると、マスカラがベターッと毛につきすぎたり、地肌についてしまう可能性があります。軽くつけて、毛流れを自在にコントロールするなら、小ぶりなブラシのほうが使いやすいです。

ステムが長すぎると手元がぶれるし、短すぎると力が入ってしまってつきすぎてしまいます。

色味はとても重要。「ライトブラウン」とか「ダークブラウン」などの色表示でもメーカーによって赤みのあるブラウンだったりアッシュ系のブラウンだったりと違います。自分の髪色や肌色がどの系統の色味かをチェックして、それに合わせて選ぶのがポイントです。

おすすめがコチラ

【デジャブ アイブロウカラー】ナチュラルブラウン ¥1,000

デジャヴュ アイブロウカラー 2 ナチュラルブラウン 1本1本固めず自然 ニュートラルカラーでどんな髪色やメイクにも合う
デジャヴュ アイブロウカラー 2 ナチュラルブラウン 1本1本固めず自然 ニュートラルカラーでどんな髪色やメイクにも合う

ブラシがとても細かく繊細で、ステムもちょうどよい長さです。色はオレンジよりのブラウン。

垢抜け顔になる眉マスカラがおすすめ!

メイクしてもなんだかあか抜けない、髪色と眉が合っていないと感じている方はぜひ眉マスカラを使ってみてください♪

一気に顔の印象が変わりますよ。

コメント