盛り上がったシミをCO2レーザーで除去したら跡は残らない?【たった2ヶ月で綺麗な肌に】写真あり

シミ取りをしたら、跡が残らないか心配になりますよね?

シミ取りレーザーをして、かえって濃くなってしまったらどうしよう??

レーザーの跡は一旦濃くなってから、時間をかけて薄くなると言われたけどいつ綺麗になるの?

こんな不安がつきまといます。

今回のブログでは実際にシミ取りをした後、どのくらいで綺麗な状態になったかの経過をブログ主sissyの実体験からお伝えします。

sissy
sissy

sissyは、盛り上がったシミ(イボの一種といわれた)を炭酸ガスレーザー(CO2レーザー)で施術してから、約2ヶ月半が経過しました。

盛り上がったシミをレーザーで除去後2ヶ月半経過【跡形もなく綺麗になった】

写真はイメージです

CO2レーザーで除去した盛り上がったシミは、2ヶ月半が経過した段階では跡形もなく綺麗になりました。

跡が残ったり、シミがさらに濃くなるというリスクは回避でき、とても綺麗な状態になり大成功したといえます。

施術直後の患部。赤く大きな跡になっています。
施術から5日後の患部のアップ写真。
患部がクレーターのようにえぐられ少しくぼんでいます。
2ヶ月半後のレーザー跡。
色は周囲とほぼ同じに、凹みもなくなって綺麗に回復。

シミ取りのリスク

シミ取りのリスクは、レーザーを照射した部分のシミが薄くならなかったり、かえって濃くなってしまう可能性もあることです。

①レーザーでシミ取りとをした跡は、レザーを照射した箇所が一旦火傷のようになります。

②その箇所がカサブタになってはがれると、色が濃くなっています。

③いったん濃くなったシミの跡は、傷の跡がだんだん薄くなっていくように、時間をかけて薄くなり周囲の皮膚と同じ色になります。

本来は、これがシミ取り後の正常な過程です。

③にかかる時間は、3ヶ月以上~8ヶ月ほどかかります。

その間に日焼けしてしまうと、シミが薄くならなかったりかえって濃くなったりしてしまうのです。

盛り上がったシミとりの場合は跡が凹むリスクもあり

今回のsissyが施術した、CO2レーザーは色にだけ反応するものでなく、盛り上がったシミやイボなどの立体感のあるものを焼き切るようなイメージの施術です。

皮膚を少しえぐるので、施術後に皮膚が順調に再生されなければ、その箇所が凹んだままになるリスクもありました。

シミ取りの跡が早く綺麗に治った理由

今回行ったsissyのCO2レーザーの跡は、たった2ヶ月半で跡形もなく綺麗な肌の状態になりました。

・シミ(色)が残ったり、濃くなったりすることもなかった

・盛り上がりをえぐった部分が凹むこともなく、綺麗に平らになった

なぜ、こんなに早く綺麗な状態になったのでしょう?

シミの色が薄かったけど・・・CO2レーザーだったから色は関係なし

レーザーを照射した盛り上がったシミ(イボ)は、色素がそこまで濃くなっていないものでした。

色が薄いとかえってレーザーが反応しないともいわれていますが、今回はCO2レーザーで焼き切る方法なので、色に反応するレーザーでなかったので綺麗になくなりました。

盛り上がり(立体感)が大きくなかった

除去した盛り上がりのあるシミ(イボ)は、たしかに触ると盛り上がっているのがわかりますがそこまで大きくボコッと出っ張っているものではなかったので、皮膚をえぐる範囲も少ないため肌の再生も早かったようです。

施術の時に、ドクターがこんなことをいっていました。

あまり隆起していない(浮き出ていない)もののほうが取りやすいです。大きく隆起しているものは、除去するのは大変なんですよ。

sissyの場合は、切り取る範囲もごく浅い部分だったので、治りも早かったようです。

 

シミ取り後のUVケアには十分に気を配る

一番心配があるのが、レーザー施術後の赤くなった色がちゃんと元にもどるか?です。

sissyは、施術後のアフターケアをクリニックからの指示通りに、指示されたこと以上に実行しましたので、とても綺麗な状態に早く戻すことができました。

↓ クリニックから指示されたこと ↓

・レーザー照射から10日間は患部に保護テープを貼っておき、軟膏を塗る

・3ヶ月程度は患部にも日焼け止めを必ず塗り、日焼けを避ける

この指示を厳守したのはもちろんですが、

↓ sissyはさらにこんなこともしました ↓

・10日間以降も、14日後くらいまで保護テープを貼りメイクはその上からした

↓ タイミング的にこんなこともプラスに作用しました ↓

保護テープをを剥がすタイミングくらいで緊急事態宣言が発令され、在宅勤務などで外出する機会が減り、紫外線の影響を受けることが少なかった

これは意図した行動ではありませんが、シミとりレーザーの跡を早く治すためには、とてもプラスに働きました。

シミ取りレーザーの後は、徐々に跡が薄くなるまでの期間は日焼けは厳禁だからです。

シミ取りレーザーの最適な時期について書いたブログ記事はこちら↓

シミ取りレーザーの跡を綺麗に早く治す方法【徹底して紫外線を避けること】

シミ取りの跡が綺麗に治るまでは最短でも3ヶ月くらいかかると言われていますが、今回sissyは2ヶ月半で跡形もなく綺麗になりました。

色がまったく残らず綺麗な肌色になったのと同時に、隆起した部分を削ったくぼみも元通りに盛り上がり平な状態に戻っています。

2ヶ月半という早い段階で綺麗な状態にすることができたのは、次のような理由から。

  1.  クリニックから指示されたアフターケアをしっかりと守って実行したこと
  2.  外出が少なく、紫外線の影響を受けにくい期間だったこと

2に関しては、在宅ワークや緊急事態宣言下で外出をしなかったこともありますが、

年末の施術を受けて回復期間を一年で一番紫外線量が弱くて少ない時期に当てるという計画性

も成功の秘訣です。

レーザーの跡が紫外線を浴びると、メラニン影響でのシミが薄くならなかったりさらに濃くなるなるばかりでなく、コラーゲンが破壊されてくぼんだ皮膚の再生にも影響を与えます。

シミ取りレーザ-の跡を綺麗に早く治すためには、1にも2にもやはり紫外線を避けることが一番のポイントです。

コメント