ヒアルロン酸注入は手っ取り早いエイジングケア ~ほうれい線と頬に注入の効果~

30代も半ばに差し掛かると、少しずつ肌に年齢を感じ始めます。

一番気になる部分が “ほうれい線” ではないでしょうか?

そんなほうれい線を目立たないようにする方法のひとつとして

美容クリニックでヒアルロン酸注入をする方法があります。

美容クリニック、注入という言葉を聞くとちょっと躊躇する気持ちにもなりますが、エイジングケアの効果はどうなのでしょうか?効果があるならやってみる価値がありますよね?

私が、30代から数回ヒアルロン酸注入を行ってきた体験に基づいてお話します!

ヒアルロン酸注入はエイジングケアに効果あり!

30代に入ると、私の美容道はだんだんエイジングケアにシフトしていきます。

20代の時のような若さを保ちたいと思う気持ちが強かったからです。

そこで、気になりはじめたほうれい線をなんとかしたいと思うようになり、ヒアルロン酸を注入する方法へ行きついたのでした。

30代の頃は、気になる部分に直接注入してふっくらさせる方法を、40代になると全体的に少しでも若々しく見える方法として、頬の上のあたりに注入する方法で行いました。

実際にヒアルロン酸注入をすると、老けた印象を軽減してくれる効果があると実感しました。

特に、年齢を重ねた後ほどその効果は高いように感じます。

注入する部位や注入方法(注射をする医師の腕前)によっても効果に違いが出ますが、ヒアルロン酸注入は、エイジングケア効果があると言えます!

ヒアルロン酸注入で-5歳に見える理由

ヒアルロン酸とは?

ヒアルロン酸は、化粧品の保湿成分としてご存じの方も多いのではないでしょうか?水分を抱え込む性質を持つので、保湿力がありクリームなどをはじめとしての多くアイテムに配合されています。

特徴は、分子量が大きいということです。分子量が大きいということは、すなわち粒子が大きく、肌に入ると水分を抱え込みながら肌を隆起させることができるので肌がふっくらします。ヒアルロン酸のなかにも様々な種類があり、とくに粒子の大きいものは隆起させる度合いも大きいため、鼻を高くしたり顎を出したりする、いわゆるプチ整形に使われています。

肌をふっくらさせてハリをだすような、エイジングケア仕様のものは、粒子の細かいタイプです。

ヒアルロン酸注入のエイジングケアの仕組み

ヒアルロン酸のエイジングケアの仕組みには二通りがあると言えます。

  1.  シワなどに直接注入して隆起させ目立たなくさせる
  2.  肌が痩せたところに入れて影を無くす

1.はイメージがしやすいかと思います。溝のようになシワであるほうれい線に直接注入して隆起させ、それを消したり目立たせなくする方法です。

2.については知らない方も多いと思うのでご説明します。

人が老けたといういう印象を受ける場合は、シワやシミなどのわかりやすい変化だけではありません。シワやシミがなくても「あれ?なんだか老けたなー?」と感じる時はありませんか?

その原因は “影” です。

エイジングが進むと、ハリが衰えて肌が痩せてしまいます。体重が落ちて痩せたわけではないのに、顔がやつれたように見える場合がこのような状態です。肌が痩せると、顔に影ができてしまい、それが老けた印象を与えてしまうのです。

ですから、その“影”をカバーするように、肌が痩せてしまった箇所にヒアルロン酸を入れると、そこがふっくらとして盛り上がり影がなくなるので、若々しくみえるようになるという訳です。

ヒアルロン酸をほうれい線と頬に注入してみた

私は30代になって数回ヒアルロン酸をいれました。ほうれい線や目の下のくぼみが気になってきたからです。

それぞれ別の医院で入れ、入れる箇所も異なりましたが、その効果はいかほどだったのでしょうか?

ほうれい線へのヒアルロン酸注入

1回目 友人が入れたのでヒアルロン酸を入れてみる

少しずつほうれい線が気になり出した時に、美容クリニックで注入しました。すでに20代で鼻の整形を行っていた私には、美容整形でのヒアルロン酸注入には少しも抵抗も怖さも持っていませんでした。

友人が先に試していて詳細な内容まで聞いて、同じクリニックで行いましたから安心でした。利用したのは、「城本クリニック」です。

ヒアルロン酸注入の費用は、「どのくらいの量を注入するか?」で決まります。

この時は、まだ30代前半でしたし、そんなにお金もかけられませんでしたから、両頬のほうれい線にそれぞれ1ccずつ注入したと思います。1㏄で30,000円程度でしたから、両方で60,000円程度の費用となります。

ほうれい線に沿って、何か所かに少しずつ注入していきます。ですから、針を刺した箇所の分だけ穴が開くのです。大した穴ではありませんし、すぐ目立たなくなります。

もしも、注射する医師が下手だったりすると、上手く注入できずに一時的にミミズばれのようになったり、針穴がいっぱい開いてしまうこともあります。

ただの注射ですから、何も事前に施しませんが、病院によっては痛みを和らげるために感覚が麻痺するクリームを塗ったり、オプションで笑気麻酔をできる場合もあります。

この時の効果は・・・?

今考えると大したほうれい線ではなかったのだと思います。少し、ふっくらしたかなー?くらいでした。

2回目 目の下のシワとくぼみが気になってヒアルロン酸を入れる

写真に写った自分の顔をみて、目の下に影があるのにびっくり!すごく老けた印象を受けてしまいました。

そこで、ヒアルロン酸をまた入れることにしました。キャンペーンなどでお安い価格で提供しているクリニックを探していってみたのが、東京ミッドタウンにある「ノアージュ」というクリニックでした。こちらは、医師が全員女性ということなので、相談もしやすかった印象があります。

目の下の影は、シワそのものでなく、やはりその部分の肌が痩せたことが原因でした。

そこで、肌の薄い目の下の部分なので、粒子の細かいヒアルロン酸をちょっとずつ数か所に分けていれてもらいました。もし、上手く入れれなかったら、目の下が不自然に膨らんでいたでしょう。

こちらのクリニックでは寝た状態で注入するのではなく、椅子に腰かけて顔を起こした状態で注入します。寝ると、皮膚のある位置が変わってしまうので、それを防止するためです。

ヒアルロン酸の費用は、何cc 注入するかできまると書きましたが、目の下だとちょとずつしか入れないので最低量を購入しても余ってしまいます。その場合は、その余りをほうれい線などの別の部位に注入してくれる場合もあります。

この時に注入では、目の下の影は少し改善されたとは思いました。1㏄35,000円くらいだったと思いますので、総額70,000円です。効果の持ちは4~6カ月程度で、その後は吸収されてなくなってしまいます。定期的に注入しなければ同じ状態は保てないということを考えると、コスパは総じてよくはありません。

頬へのヒアルロン酸注入

40代になって、30代の時のような部分的な老化のサインが気になるよりも、顔全体の老け感が気になるようになりました。

写真をみると、顔が全体的に下へ下がっているような印象です。そこで、頬骨の上あたりに高さを出すためにヒアルロン酸を注入しました。

こめかみの下あたりから頬骨にかけては、肌が痩せると顕著にわかる部分であり、ここが下がるととても老けて見えます。だから、メイクの時にこの部分にハイライトを入れて明るくするのも若く見えるようになのです。

この時は、TVCMで有名な「湘南美容外科クリニック」へ行きました。ここを選んだ理由は、単純に価格が安かったからと、他の施術で行ったことがあったので行きやすかったためです。

肌をふっくら見せるための粒子が細かいヒアルロン酸にも、いくつか種類があり、違いは持ちの長さでした。当然長く持つタイプのほうが値段が高くなります。

また、こちらでは針の種類も選択できるようになっており、針を刺す箇所が一か所だけでよく、内出血も起きにくいという「マイクロカニューレ」という針を進めれたので選んだのですが、これは追加料金が発生しました。

ヒアルロン酸自体は安かったのですが、追加料金等を加算すると、結局は標準的な額になりました。

このこめかみ下辺りの頬上部にヒアルロン酸を注入してふっくらさせるのは、効果抜群でした。影もなくなるし、下へ重心が行っていた顔が頬からキュッと持ち上がったような印象になりました。

ただ、デメリットとして顔がふっくらするので、顔が大きく見えてしまうことがありあます。量を多く入れれば、その分ふっくら度は増して若々しさもさらにアップしますが、顔はパンパンに大きく見えます。

芸能人で、体は細いのに妙に顔がパンパンして大きく見える人いますよね?松田聖子とか、森高千里とか、平子理沙とか。入れれば入れるほどあんな感じの不自然さが出るので、程よい量を見極める必要があります。

注入は痛い?失敗はあるの?

まだ試したことがない人が気になるのは、「痛いか?」「失敗はあるか?」ということではないでしょうか?

痛みは、ぶっちゃけ大してありません。

痛みがあるとしたら、針を刺す痛みではなくて、液が肌に入っていく際の染みるような感じが痛いとも言えます。皮膚内に、酸と名の付く異物の液が入るわけですから、まあ染みますよね。でもこれは注入中だけのもので、後に残ったりはしません。一瞬のことです。

針は、現在はもうずいぶんと進化して細く繊細なものになっていますから、普通の注射の痛さと同じで「チクッ」とするだけです。針を刺すのが痛いとか怖いとかを言っていたら、美容クリニックの施術はほとんど受けられないと思っていたほうがいいでしょう。

失敗はほとんどないでしょう。

ヒアルロン酸注入の施術は、どこのクリニックでも行っているかなりポピュラーなものです。だから医師も回数をこなして、経験も積んでいます。まして美容整形は、健康な体に施すものです。人によって施術方法が異なったり、突発的なハプニングが起きることはほとんどないので、後のダメージになるような失敗はほとんどないと言ってよいと思います。

ただ、注入が下手だったり、入れる箇所自体が適切でない場合に、ミミズばれみたいに盛り上がってしまったり、入れすぎてしまったり、全然効果的でなかったりということはあるようです。心配だったら、センスのない医師にあたらないように経験等を調べてからお願いしたほうが良いかもしれませんね。

おすすめのお手軽エイジングケアはヒアルロン酸注入!

結論として、ヒアルロン酸注入は即効性のあるエイジングケアだと言えます。

一度、少量の液を注入するだけで、肌にハリが出て老けを感じさせる影を無くたり、深いほうれい線をふっくらさせて目立たせなくすることができるからです。

効果は注入したその日からでますし、費用も5~6万程度でできます。

効果は長くはないので、持続させるなら継続的に注入しなければなりませんが、ちょっと若々しく見せたい時や、老け感を強く感じてしまうときなどは、効果テキメンです。

実際に私も数回やってみて実感しましたし、これからも時々は行いたいと思える施術です。最近ちょっと年齢を感じるようになった、アンチエイジングのために手っ取り早く何かしたいなと考えている方には、おススメします。

どの美容クリニックでも行っているので、初心者はまずはカウンセリングに行ってみたり、webから質問するなどして情報を仕入れ、いくつかで比較検討してみるのもよいと思います。

コメント