なりたい顔になる方法【リアリティのある理想のイメージを持つこと】

「綺麗になりたい」

「美人になりたい」

「今の自分を変えたい」

こんなふうに思っていても、なにから始めたらいいのかわからない人は少なくないと思います。

そんな人に質問です。

・どんな人を綺麗や美人と思いますか?

・好きなタイプの人はどんな人ですか?(有名人やマンガのキャラでもOK)

・その人のどんなところがすきですか?

・その人自分が違うところはどこですか?似ているところはどこですか?

こんなことを整理してみると、自分がなりたいイメージがわかり

具体的にどんなところを変えたり伸ばしたらいいのかが判るようになります。

今回のブログでは、「自分がなりたいイメージの顔に近づくための具体的な方法」をお伝えします。

このブログを書いているブグ主のsissyは、もともとの美人ではなく理想のイメージに近づけようと、なりたい顔に近づくためにあれこれと工夫をしてきました。

今回はそんな工夫の中のひとつをお伝えしたいと思います。

なりたい顔になる方法【具体的なイメージをいつも持っておくこと】

自分がなりたい顔になるためには、具体的な理想の顔を常に持っておくことがポイントです。

想像力が豊かな人であれば頭の中でサッとそれを描くことができますが、普通はそれがなかなかできません。

そこで、具体的な理想の人を思い浮かべててみましょう。

あなたの理想の人は誰?【女優?アニメキャラ?友だち?】

・女優やモデル、女子アナ、スポーツ選手などの著名人

・マンガのキャラクター

・身近な友人や知人で素敵だなと思う人

具体的なかたち(映像や写真、イラスト、実物など)で自分の目にしっかりをイメージを焼き付けることができる人がベストです。ぼんやりしたイメージや、記憶にある程度ではダメです。

そして重要なことは、その理想のイメージがある程度「現実的な理想」であることです。

リアリティのある理想をを描く

 ✔ 日本人の私たちは、どんなに理想を描いても欧米人のようにはなれません

 ✔ 面長の人は丸顔にはなれないし、40代の女性が10代のアイドルを理想としたって非現実的です

今の自分が持つ要素とちょっと通じる部分がある、キャラが近いなど、なにか共通する部分がある人を理想としたほうがより現実的で、リアリティのある理想像になります。

なりたい顔の具体的なイメージを持つと行動や思考が変わる

理想のイメージの具体像を持つとなりたい顔の近づけるのは、それに近づこうとして行動や思考が少しずつ変わっていくからです。

アファメーションという自己暗示で理想へ近づく

「アファメーション」という言葉があります。

affirmation:断言、確言、肯定、(宣誓に代わる)確約

出典:weblio英和辞典・和英辞典より

最近はもっと広義に、「自己暗示する」といった意味でも使われています。

理想のイメージを持つことも、ひとつのアファメーションです。

「こんなふうになりたい」「こんな人に近づきたい」と思っていつもイメージしておくことで、その具体像にむけて少しずつ行動を変えていき、実際にそれが実現していくからです。

なりたい顔へ近づくための具体的な行動

理想とのギャップを埋める

具体的な方法のひとつとして、理想の人と自分の違いを見つけてみましょう。

・眉のかたちは?

・メイクの色使いは?

・口の開け方や笑い方は?

etc…

理想と今の自分が違う部分を変えたり近づけるため、メイクを工夫したりダイエットをしたり、整形することだってできます。

顔の造作ばかりではなく、キャラクター全体のイメージを近づけたいのであれば、ファッションやヘアースタイルを真似することも近づく方法のひとつです。

なりたい理想のイメージを目につくところにおいておく

具体的なイメージをアタマの中に投影しておくだけでなく、実際に写真などをよく目につくところにおいておくと効果はもっと高まります。

✔ 携帯の待ち受け画面や、パソコンのデスクトップに設定しておく

✔ トイレやメイクをする鏡の前に写真を貼っておく

先日藤原紀香さんのブログを見ていたら・・・彼女のお化粧前らしき写真が載ってましたが、壁一面がマリリン・モンローやオードリー・ヘップバーンなどの写真でいっぱいでした。

理想のイメージを目につくようにして、意識しているようです!

<自分の顔+理想のイメージ>をイラストにしてもらいました!

ここで、ブログ主sissyのなりたい顔になるための具体的方法をお伝えします。

自分の似顔絵をイラストに【なりたいイメージを具体化する】

今回、ブログのアイコンにするために似顔絵を作成してもらいました。

↓ それがこちら ↓

イラストレーターのNATSUさんに描いてもらいました。

NATSUさんのHP

制作にあたっては自分の写真をいくつかお渡し、

理想とする人、なりたいタイプの人の写真もお見せして

こんな感じになりたい(明るい、やわらかい、女らしいetc)というイメージもお伝えして

仕上げていただきました♪

つまり自分のなりたい顔を具現化したらこうなりました。

もちろん盛って可愛く描いて頂いてますますが、自分の要素も取り入れてもらっているので全くの別人でもなく自分をちょっと理想に近づけてグレードアップさせた感じになっています。

似顔絵をアファメーションに利用して自己暗示

ブログ主は、このイラストをこんなふうに自分のアファメーションに使っています。

・メイクのときは、このイラストに近づけるためにはもっと目をパッチリさせる

・顎はシャープに!リフトアップは怠らない!

・髪はエアリーに、カラーを明るめに

・口角を上げて笑顔をつくる

などetc・・・

いつもこのイラストのような自分でいようと思って、顔や姿や造作を意識するようにしています。

なりたい顔になるには具体的な理想のイメージを作るのがおススメ!

有名人や身近な人を理想のイメージとするのは簡単ですが、もっと自分に近いほうがリアリティがあり、早く近づくことができます。

そこで、今の自分と理想を融合させてイラスト(似顔絵)などで具体的なイメージを作ってみるのもおススメです。

これを頻繁に目にしておくことで「自分はこんな顔だ」「こんな顔になろう!」という自己暗示のアフォメーションができるので、なりたい理想の顔により早く確実に近づくことができます。

SNSのアイコンなどとしても利用できますし、ぜひトライしてみてくださいね。

コメント