美肌の大敵!ニキビを治す方法 ~皮膚科で治療を受けましょう~

なかなか治らないニキビ、治ってもまたできるニキビに悩んでいませんか?

ニキビは10代の思春期にできるものと思っていたら大間違い。女性が最もキレイで美容に気を配っている、男性が最もモテたい20~30代にもニキビは容赦なく出現します。特に女性はどんなに綺麗に化粧をしてもニキビがあったら台無しで、何より自分も気分が上がりません。

そんな美肌の大敵ニキビを、早くきれいに治すにはどうしたらよいいでしょうか?

ニキビを治す最適の方法は皮膚科で治療を受けること

ニキビを早くきれいに治す方法は、皮膚科で治療を受けることです。

これが、一番早く、適切な料金で、きれいに治すことができます。

美容クリニックで自費診療を受けるのではなく、疾病として一般皮膚科で治療を受けます。私の経験から言うと、ニキビ治療は保険適用が可能です。(医院や治療内容にもよります)

某高級化粧品メーカーの高価なハトムギ化粧水を使ったりCM宣伝をバンバン流しているニキビ専用の洗顔料などを自分の判断で使うよりも、まず皮膚科医という専門家に相談してみることが先です。

どのような種類のニキビでなぜできるのか、最適な解決方法は何かを的確に教えてくれるからです。それが治すための最短ルートで、暗中模索してやみくもにいろいろな薬や化粧品を試してお金を散財するよりもコスパもよくて安心して治せます。

私もこれまで幾度となくあったニキビの悩みを皮膚科の治療で治し、アラフォーになった現在は全くニキビができずに「肌がキレイ」と周囲から言われる肌を維持しています。

私がこれまでにしたニキビ治療法+おすすめの最新治療法

私がこれまでに経験した、皮膚科でのニキビ治療法を紹介します。

  1. 皮膚科で膿を出してもらう
  2. 洗顔料&外用薬
  3. 内服薬
  4. ビタミンCのイオン導入
  5. \おまけ/おすすめの最新治療法「PDT」

1.皮膚科で膿を出してもらう

私がこれまでで最もニキビができて悩んでいたのが24歳前後のころです。頬・あご・鼻の下など顔のあらゆる目立つ箇所に出来ては消え、消えては出来を繰り返していました。そこで、ニキビ治療で有名な皮膚科へ通いはじめました。

ニキビができると医院へ行ってそれを医師に専用の器具で潰してもらい、膿(皮脂が詰まってしまったもの)を出してもらうのです。その後は、その部分に薬を塗って自然に治癒するのを待ちます。

白く膨らんだニキビをそのままにしておくとどんどん大きくなったり、膨らんだそのままで固くなったりとなかなか治りません。これを自分で潰してしまうと傷をつけて跡が残ったり、完全に膿が出ずにまた出来たりするので自己流は厳禁です。

2.洗顔料+外用薬

皮膚科で治療を受けると、適切なニキビ専用の洗顔料と塗り薬を処方してくれます。もちろん保険適用です。

メリットは保険適用で自己負担が小さく入手できるのはもちろんのこと、市販では入手できない処方薬を使えるわけです。利用しないほうがもったいないくらいです。

口コミやCMの宣伝文句に誘導されて、適切でない薬や化粧品を自分の判断で使うのは愚の骨頂です。お金も散財して治らないばかりか、さらに悪化する可能性もあります。

一度診察を受けて薬を処方されたら、次の回は処方箋だけを出してもらって薬を購入することも可能です。診察の時間も短縮できるので、この方法は続けやすいですね。

3.内服薬

皮膚科の治療では、外用薬と一緒に内服薬を処方されることがほとんどです。薬の種類はビタミンCやトラネキサム酸などのように、抗炎症作用のあるものや跡が残らないようにメラニンの働きを抑制するものが多いです。ステロイドが処方される場合もあります。

処方する薬は、医院によって異なります。もし「自分は漢方薬が体質にあってるから漢方薬を商法してもらいたい」といった希望があれば、漢方薬を取り扱う医院で診察を受ける必要があります。これば、事前に電話で問い合わせるなどして調べておきましょう。

4.ビタミンCのイオン導入

ニキビの原因の多くは、皮脂が過剰に分泌されて毛穴で詰まったことが原因です。ビタミンCは、その過剰な皮脂分泌を抑えてくれる成分です。

ビタミンCは内服薬でも処方されるのですが、肌に直接投与したほうが効果が速く、さらに手で肌に塗るよりも早く浸透させることができるのが「イオン導入」といういう方法です。

イオン導入は専用の機器を使って行います。残念ながらこれは保険適用外が多いので、「もっと早く治したい」「あとを残さず綺麗な肌になりたい」と思う場合はオプションとして選択するのがよいでしょう。家庭用のイオン導入器もありエイジングケアにも使えますから、長い目で美肌を目指す人はこれを購入するのもおすすめです。

5.重度のニキビの治療にはPDTがおススメ!

顔全体にニキビができてしまうような特に重症のニキビには、PDT(フォトダイナミックセラピー)というニキビ治療があります。

これは私は経験はないのですが、光を使って行う治療です。アミノレブリン酸を飲んだ後に光を当てるとニキビ菌が一気に殺菌されるというシステムで、これを何週間か間隔をあけて数回行う治療法です。かなり重症のニキビも、きれいに治癒している症例も多くあります。

東京ではメディアージュ ニキビクリニックがこの治療では有名ですので、重症でお悩みの方は一度問い合わせをしてみるのもおすすめです。

結論:ニキビを治したいなら皮膚科で治療しよう

ニキビは、ほとんどの場合は皮膚科で何らかの治療ができます。

私も一番酷かった20代半ばの治療から、つい2年ほど前は急に背中に酷いニキビができた時も皮膚科で上記の1~4の治療で治してきました。今は、顔にニキビはおろかニキビ跡も全くなく、背中もきれいに治っています。

自己流でアレコレと試していつまでも繰り返したり、様々なアイテムに無駄なお金を散財するよりも皮膚科での治療をおススメします。

それがニキビ治療の安全で最短な方法であり、美肌になるための的確な方法です。

そして、「綺麗な人」になるための最適の方法のひとつなのです。

コメント

  1. […] 美肌の大敵!ニキビを治す方法 ~皮膚科で治療を受けましょう~ […]

  2. […] 美肌の大敵!ニキビを治す方法 ~皮膚科で治療を受けましょう~ […]