フェイスリフトのカウンセリングで分かったこと

エイジングでたるんだ顔をきゅっと引き上げるる美容整形の”フェイスリフト”。

やってみたい…でもどのくらい引きあがるの?痛みは?費用は?そんな疑問を解決すべく、美容外科にカウンセリングへ行ってきました。

”フェイスリフト”についてわかったこと、やる価値ある?そんな疑問についてカウンセリングして感じたことをお伝えします。

sissy
sissy

ブログ主のsissyは、化粧品会社勤務のアラフィーです。

20代の時に、鼻を顎を美容整形。

最近はエイジングケアのために、医療美容を積極的に利用しています。

フェイスリフトでも劇的にたるみは改善しない

カウンセリングへ行って分かったことは、フェイスリフトをして〇十万~100万以上お金をかけたとしても、劇的にたるみが解消されるわけではないということです。

もちろん、しないよりは変化があるし、より多くのお金をかければかけるだけたるみは引きあがります。

でも…カウンセリングしてみて「思ったほど引き上がらないんだなあ」ということがわかりました。

糸リフトよりフェイスリフト!

そもそもsissyが「フェイスリフトをしたい」と思ったきっかけは、年齢を重ねて顔のほうれい線やマリオネットラインといったたるみが気になり始めたからです。

最近手軽にできるようになった、糸を皮膚に入れて引っ張り上げる”糸リフト”は、すぐに元に戻ってしまい持続性がないこと、糸で皮膚はわずかしか上げられないので効果を出すには糸をいっぱい入れなければならず費用が高くなることなどから、「フェイスリフトのほうが効果が高い」と思ったのです。

「たるみが気になる…」糸リフトとフェイスリフトどっちがいいの?

フェイスリフト専門の美容外科へ

簡単にできる糸リフトと違って、メスで皮膚を切ったり皮膚を剥がしたりするフェイスリフトは完全なる美容整形手術。

技術力や経験が必要だと思ったので、都内でフェイスリフトを専門に行っている美容外科を探して、カウンセリングへいきました。

そのクリニックはHPに価格も明記してあり、それをみると自分もこのくらいの価格ならなんとか払えるかなと思ったのも選んだ理由のひとつでした。

でも、もちろん安い金額ではありません。「この金額をかけるなら、ちゃんと効果を出したい!」と思い、いったいどのくらい引き上がるのかを確認するためにカウンセリングへ行きました。

フェイスリフトのリフトアップレベルは価格に比例

カウンセリングではます女性カウンセラー(看護師さんだったのかも?)から概要の説明があり、症例写真を見せてもらった後、医師と面談。実際に顔を触って、引き上げてもらって「このやり方(価格)だったらこのくらいのリフトアップになりますよ。」というのを試して見せてもらえました。

リフトアップは、皮膚を切っる範囲が広くなればなるほど広い部分を引き上げることができます。

よって<切る範囲が広い=価格が高くなる>ほど、より引き上がるということ。

今回伺った美容外科では、大きく分けて3段階ありました。

  1. 耳の上(こめかみ下部辺り)を切って引き上げる
  2. 耳の前の全体を切って引き上げる
  3. 耳の前から耳の後ろまでを切って引き上げる

フェイスリフト、指何本で顔を引き上げる?

この3段階の切開で、それぞれどのくらい顔がリフトアップされると思いますか?

それが、本当にちょっとなのです。

①耳の上(こめかみ下部辺り)を切って引き上げる

最も少な目にメスを入れて引き上げる、一番安いタイプ。

これはなんと!指1本で顔を引っ張ったくらいしかリフトアップしません( ;∀;)

こめかみ辺りに人差し指をおいて、その指に少し力を入れて上部へ引っ張ってみてください。その顔が、手術後のリフトアップした状態です。ほうれい線のシワがほんのり薄くなるくらいです。

②耳の前の全体を切って引き上げる

①よりは多めに切って引き上がるタイプ。

これは①と同様に、耳の前あたりに指を押し当ててゆ指3本に力を入れて引き上げたのが、術後のリフトアップした状態です。

ほうれい線は①よりは薄くなりますが、口の横のマリオネットラインにはあまり利きません。

③耳の前から耳の後ろまでを切って引き上げる

最も広範囲を切るので、一番引き上がるタイプ。ほうれい線だけでなく顔の下部のマリオネットラインにも効果を出すなら、このくらい切らなければなりません。

ここまでやって、ようやく見た目に変化が出やすくなります。でも、料金は…切る範囲が広いので②の倍の金額がかかります。

理想とするくらい引き上げるなら100万以上かかる

sissyはもちろん、40~50代のたるみが気になっている年代の人が「このくらい引き上がれば〇歳くらい若くみえるのにな~?」と手で顔を引っ張ってみるときの引っ張り上げ方は③以上です。

要するに最も広範囲に切ってお金をかけても、理想とするリフトアップまでにはなれないということ。

100万以上かけても、なかなか理想までにはならないのです。

もちろんある程度はリフトアップしますし、これからますます加齢とともにたるんでいくのを遅らせる手段にもなります。

でも、「これだけコストをかけなきゃやっぱりリフトアップできないんだなあ~」というのが正直な感想でした。

フェイスリフトはお財布と相談に・・・

フェイスリフトをする?しない?は、もはやお財布との相談です。やるなら効果をしっかりを出したいし、効果を出すなら生半可にやるのではなくてガッツリと金額をかけてやらないとダメです。

sissy
sissy

sissyはもっとお金に余裕があれば迷わずするのですが。。。。小さな車が1台買えるくらいの値段だと思うと、ちょっと考えちゃいますね。

でも年齢を重ねると、もっとリフトアップしにくくなるのでやるなら少しでも若いうちがベスト。

金額も高いので、何件かカウンセリングに行って最適な美容外科を探して慎重に決めるのがよいかもしれません。

フェイスリフト

コメント