エラボトックス注射から1週間経過【筋肉はまだ動く】

筋肉の動きを弱め、張っているエラを小さくする効果のあるエラへのボトックス注射。

効果を実感し始めるのは、約1ヶ月後からと言われています。

注射から1ヶ月後までの経過はどのような状態をたどっていくのでしょうか?

ブログ主のsissyは先日エラにボトックスを注射し、約1週間が経過しました。

その時の体験レポはこちらのブログ↓

エラは張ってないけれど、エラにボトックス注射しました【体験レポート】

1週間後の状態と効果の具合についてお伝えします。

エラボトックス注射から1週間経過【筋肉はまだ動く】

奥歯をギュッとカミ合わせて見ると筋肉があると張るのですが・・・1週間後の現在は筋肉まだ動きます。

”ボトックスで筋肉の動きが抑制されて動かなくなる”というのが効果が現れている証拠ですので、まだ効果は現れていないということになります。

エラの筋肉に注射するボトックスの作用時間は約1ヶ月後

エラなどの筋肉に注射するボトックスの抑制で効果が現れるのは1ヶ月後なので、1週間ではまだ筋肉が動くのは当然といえば当然です。

1ヶ月後にはしっかりと筋肉が固まって動かなくなるので、それまでには徐々に動かなくなっていくということなのでしょう。

ボトックス注射から1週間後では少し筋肉の動きが弱まる

筋肉はまだ動きますが、ボトックスを打つ前よりは筋肉の動きは少し小さくなったことは実感しました。

注射前の筋肉の動きが10だとしたら、1週間後の今は7くらいになった感じです。

触ってみたところの動きは少し小さくなり、見た目も奥歯を噛んでいるときの筋肉の動きは少し弱くなっているようにかんじました。

ボトックスから1週間後の歯ぎしりや食いしばりへの効果

1週間で歯ぎしりや食いしばりがなくなった実感はまだないので、これもまだ筋肉が動いているという証拠です。

今回のボトックス注射はエラの縮小のためではなく、無意識で行ってしまっている歯ぎしりや食いしばりを弱めるためでした。

1週間でエラの見た目は変わってる??

見た目でのエラの状態は、1週間ではほとんど変わっていません。

もとよりエラ張り顔ではなく歯ぎしりや食いしばり弱めるためのボトックス注射だったので、エラの縮小をや小顔効果を期待していたわけではありませんでした。

注射前にbefore写真を撮ったときに看護師さんにも「エラが張っているわけではないので、見た目はbefore&afterはあまり変わらないですよ!」と言われていました。

ただし、少し顔がシャープになったような気はしています。

ボトックス注射後の違和感などの症状はなし

ボトックス注射の跡は、

内出血、発赤、腫れ、痛み、つっぱり感、熱感、口が開けづらい

このような症状が生じること可能性がありますが

今回はどれも全く症状がでませんでした。

これまでどおりの状態です。

エラのボトックスの効果にはやはり1ヶ月が必要?1週間では変化なし

エラのボトックスは注射する筋肉が大きいので、1週間ではさほど変化がありませんでした。

やはり1ヶ月くらいかかりそうです。

眉間にボトックスを打ったときは1週間で効果を感じたのですが、シワをなくすための表情筋に打つ場合とは効果の現れ方が違いました。

2週間後、3週間後ではどのような状態になっていくのか?1ヶ月後の効果がでるまでの経過をこれからも観察していきます。

コメント

  1. […] → エラボトックス注射から1週間経過【筋肉はまだ動く】 […]