プチ整形

ハイフ(HIFU)

2度目のタイタン(HIFU)で大失敗

顔のたるみを引き締め、ほうれい線や小じわの予防にもなる美容施術のハイフ(HIFU)は、エイジングケアに効果的なケアとして定期的に取り入れるのがおすすめです。ハイフは美容クリニックによって使っている機器が異なり、痛みや効果なども異なります。品川美容外科でハイフ「タイタン」a>を施術してきて、2回目で失敗したと思うことがあったのでレポートします。
ハイフ(HIFU)

HIFU(ハイフ)のシミや肝斑への影響

「たるみの引き締め」ケアにおすすめの美容医療「HIFU(ハイフ)」。その効果とコスパの良さは、太鼓判を押せます。けれども熱を与える施術なだけに、肌のその他の症状への影響も気になるところ。今回はハイフ(HIFU)のシミや肝斑への影響について、クリニックで聞いた情報と実際の体験を元にお伝えします。
ハイフ(HIFU)

ハイフは何歳からがおすすめ?【若い人はしないほうがいい理由】

たるみ対策の美容医療として人気のHIFUですが、10代や20代くらいのまだ若い年代でも施術してもよいのでしょうか? 今回のブログでは、HIFUをするのが何歳くらいからが適当なのか?若い肌がHIFUをすると、どうなってしまうのか?についてお伝えします。
スポンサーリンク
シミ取り

HIFU(ハイフ)とシミ取り、続けてできる??

エイジングケアの美容医療として人気のハイフとシミ取りですが、どうせ美容クリニックへいくなら同時に施術できれば手間がかからずにいいですよね? このブログでは、<ハイフ→シミ取り>を続けて行ってよいかどうか?について、実際にブログ主のsissyが美容クリニックで施術を受けた際に言われたことをお伝えします。
シミ取り

シミ取りレーザー 1ヵ月後の肌【写真あり】

シミが気になる…。シミを取りたいけど、レーザーってちゃんと綺麗にとれるのかな?跡が残ったりしないのかな?どのくらいで綺麗になるの?シミ取りをしたいけどレーザー照射に迷っている人に、実際にシミ取りから1ヵ月の照射箇所の経過がどんな感じなのか、体験レポートでお伝えします。
シミ取り

シミ取りレーザーから1週間後のカサブタ状態【写真あり】

シミ取りレーザを照射した後の、肌の状態はどんな感じ?1週間後の保護テープをはがしてカサブタ状態になったところをおみせします。
シミ取り

年末恒例?今年もシミ取りレーザーで早めの対策

30代後半くらいから気になりだすシミ。「だんだん濃くなってる」「だんだん大きくなってる」と感じるならレーザーで取るのがおすすめです。 レーザーだと、跡が残るとかもっと濃くなると思っている人は、アフターケアがちゃんとできていないか、レーザーをする時期が悪いかのどちらか。 年末にシミ取りを行ってきたブログ主の体験レポです。
ハイフ(HIFU)

新しいHIFU[第3世代タイタン]効果と痛みは?

リフトアップ&エイジングケアの美容施術HIFUも、美容クリニックが持っている機器によっていろいろ。照射部位も、効果の出方も、痛みも、費用も違います。今回は新しい第3世代ハイフと言われる、タイタンを受けてきましたので痛みや効果についてレポします。ハイフをどこで受けようか悩んでいる方は、ぜひ読んでみてください。
シミ取り

【シミ取りvsたるみケア】優先すべきはどっち?

シミ取りの予約をしようと美容クリニックを除いていたら、HIFUやヒアルロン酸注射、ボトックスなどのほかのエイジングケア治療もしたくなってきませんでしたか?いろいろな施術をしたいけど、予算もあるしどちらかに絞らなきゃなんない…そんなときに優先すべきはどっちでしょう。
エイジングケア

シミ取りレーザーのおすすめ時期【年末年始】

エイジングでお悩みの女性、今よりもっと綺麗な顔になりたい女子ならせっかくの年末年始の休みに行くべき場所があります。それが“美容クリニック”です。今回は年末年始の長期休みの間ぜひやっておきたい、おすすめの美容施術とこの時期が最適な理由をお伝えします。