鼻の美容整形にオプション麻酔は必要?【局部麻酔の怖さ】

鼻にプロテーゼを入れて高くする美容整形手術は、鼻に局部麻酔を打って部分的に感覚を失くして行います。

局部麻酔は料金内にセットさせていますが、オプションで他の麻酔をプラスすることができます。

オプションですからもちろんしなくても手術はできるわけですが、つけたほうがいいのか?追加料金もかかるので我慢できるならすべきか?悩ましいところです。

このblogでは、鼻のプロテーゼ手術をうけたblog主が麻酔のオプションをつける良し悪しについてお伝えします。

鼻の美容整形にオプション麻酔は必要?

鼻を高くする美容整形、プロテーゼ挿入手術の時は、オプションで静脈麻酔をつけるのをおススメします。

blog主も、オプションで「静脈麻酔」をつけて手術をしました。

↓手術を受けたのはこちらのクリニックです↓

聖心美容クリニック

静脈麻酔をせずに整形手術を受けたことはないので(プチ整形はあります)、静脈麻酔をしなかった時と比較して「やってよかった」と言うわけではありません。

けれども、後に同じ整形手術を局部麻酔だけで行った知人の体験談を聞いたら、恐ろしくなって、「静脈麻酔を追加しておいてよかった」と思いました。この知人の体験談は、このblogの後半に書いています。

たとえもう一度同じ手術をしたとしても、静脈麻酔をつけて手術を受けると断言します。

整形の恐怖を失くしてくれる静脈麻酔

静脈麻酔をすると手術はまるで無かったことのようで、結果だけが残る感じです。

  • あっという間に寝て、目が覚めたら手術が終わってた
  • 寝てる間の意識や痛みはまいったくなし
  • 本当に鼻を切開してプロテーゼをいれたのか判らないくらい痕跡なし

静脈麻酔とは、いわば意識を失わせて眠らせた状態にする麻酔の方法です。

点滴で腕の静脈からの中に鎮静剤を注入します。

一般的に「麻酔」と聞いて思い浮かべるような、病気の手術などで行う全身麻酔とは異なります。

痛みはもちろんですが、意識や全くなくなるため恐怖心を失くしてくれる効果があります。

恐怖の局部麻酔【ほとんどホラーな話】

通常の鼻の美容整形手術は局部麻酔だけで行いますが、これを体験した知人が恐怖の体験をしています。

○○する音で吐きそうに・・・

プロテーゼを挿入するときは、鼻の骨から骨膜(骨についている被膜)を剥離(剥がし)てその下にシリコンプロテーゼを挿入しますが、局部麻酔だけだった彼女は意識がはっきりとしているので、骨膜を剥がす「ベリッ、ベリッ」というすごい音が聞こえ、それで剥がしているのがわかって「吐きそうなほど気持ち悪くなった」そうです。

自分の骨から肉がはがれる音が、思いっきり近くで聞こえるわけです。怖いですよね。ホラーかオカルト映像のようです。

この体験をした知人は、この音がしばらくはトラウマのようになっていたようで、オプションで静脈麻酔を付ければよかったとしきりに言っていました。

もちろん、手術は成功していまでは鼻筋の通った美人さんになっています。

静脈麻酔のオプション

静脈麻酔は残念ながら、オプション設定となっているクリニックがほとんどです。

blog主は、たしか1万円の追加料金で静脈麻酔にオプションをつけたと記憶しているのですが、現在はいろいろな美容クリニックでの静脈麻酔のオプション料金は、50,000円前後が多いようです。

安くはないこの金額だと、オプションをつけるかどうか悩むところです。

  • 手術への不安や恐怖心を和らげるために静脈麻酔をつけて安心して受けるのか?
  • 5万円あるなら、多少の我慢をしてもっとほかのことに役立てるのか?

この選択は、手術を受ける人のメンタルの強さ次第かもしれません。

麻酔のオプションはメンタル面の安心料

病気の手術を含めて手術が初めての人や、プチ整形など美容整形での施術の経験がない人は、やはりオプションで静脈麻酔を選択するのがおススメです。

気持ちも楽になり、安心して手術を受けることができるからです。

局部麻酔だと、もちろん痛みはないですが恐怖のホラー体験をす可能性もあります。

ただオプション料金は安くないので、悩ましいところですが、想像力が豊かな人やメンタルが弱い人は高いオプション料金を払う価値があるのかもしれません。

おまけ:鼻への局部麻酔は激痛デス

鼻へ打つ局部麻酔は激痛です。

blog主が鼻のホクロを取るために鼻へ局部麻酔を打ったときは、激痛で「鼻がもげる!」かと思いました。

↓その時の体験談はこちら↓

お金をかけずにほくろ除去する方法   ~保険適用が可能です~

当blogブスでデブだったのに美人といわれるようになりましたより

コメント